レディ

インターネットの引っ越し問題|データ保存はクラウドサービスが便利

ビジネスを加速するツール

ファイル

情報共有に使うべきツール

業務効率の向上やセキュリティ対策が一層もとめられている昨今、業務支援用のツールも続々と登場しています。その中でも、高く注目されているのが、クラウド上でファイルを共有できるファイルサーバサービスです。ビジネスシーンでよくある、顧客や協力会社とのファイルのやり取りのことです。クラウドファイルサーバを導入することで、クラウド上で同一ファイルを各ユーザーが編集することができ、最新情報を的確に関係者へ共有することができます。たとえばプロジェクトの課題管理をエクセルで行う場合にも、プロジェクト関係者へ迅速に共有することができ、課題へのコメント追記も容易になります。関係者の誰もが迅速に、プロジェクトのステータスを把握できる点もメリットといえます。

セキュリティ面でも注目

クラウドファイルサーバの特徴は、その強固なセキュリティ面にあります。通常、ファイルサーバへのアクセスは、関係者のみに限定されます。たとえば、アクセス元のIPアドレスを制限したり、認証用のID・パスワードを発行するような仕組みとなっているため、外部への情報漏えいを未然に防ぐことができます。特に、リリース前の製品情報など、秘匿性の高い情報を扱うようなシーンで役立ちます。最近、多くのメディアが報じているように、情報漏えいに関して、企業への目も一層厳しくなっています。関係者間での適切な情報管理を実現するクラウドファイルサーバを使用することで、顧客やステークホルダーとの信頼関係の構築にもつながるといえます。