レディ

インターネットの引っ越し問題|データ保存はクラウドサービスが便利

オンライン保存は便利

オフィス

安全だから利用する

データセンターはデータを保存しておく場所です。近年登場したオンラインストレージを利用してデータをアップロードした場合、データセンターに格納されます。この情報は会社のパソコンを使用していつでも取り出せるので会社規模で使えるのです。そんなこともあってか使い勝手の良さから多くの企業がオンラインストレージを使っています。今までは会社のサーバに保存していたデータをデータセンターに持っていくことによってリスクを大幅回避できるのです。サーバが壊れてもデータセンターにあるデータはいつでも利用できます。災害が発生したときでも安全なので信頼性の高いサービスです。保存しているデータセンターは強固な作りになっていて災害にも対応してます。

課金の違いを知る

個人向けのオンラインストレージとは違い法人向けは大量のデータを扱います。なので料金も個人向けより高くなるので選び方を知っておきましょう。基本的に月額料金製でユーザー数に応じて料金は変化します。使用するユーザーが多ければ多いほど利用金額も掛かる仕組みです。しかしサービスによっては無制限のユーザー数で利用できるものもあります。こういうところは利用容量によって値段が変動するのです。ユーザー数によって変化するオンラインストレージは安いところで1ユーザー500円くらいから使えます。会社の規模によってユーザー数課金か容量による課金かを判断するとコスト削減できるので覚えておきましょう。ちなみにユーザー課金はストレージ容量が予め決まっています。